H28.05.01 価格変更

H27.04.20 ホームページリニューアル

H27.04.21 テレビCM開始しました

H27.10.01 YouTube広告開始

H27.02.27
フジテレビ「スーパーニュース」で取り上げられました
名古屋テレビ放送 報道番組UP!「密着・ペーパードライバー教習(仮)」で取り上げられます! 放送予定 2015年7月8日(水) 午後6時15位~

補助ブレーキ販売

「やっぱりマイカーで練習したい」

 補助ブレーキを取り付ければ、マイカーで練習が可能!

 

取り付けは簡単!2分で取り付けでき、マイカーが教習車のようになります。

 

■ マイカーに補助ブレーキ取り付けて練習できます!

 

マイカーに2分で取り付けでき、教習車のように!(AT限定)

 当社独自開発で特許取得し製品化を実現しました。

 

マイカーに2分で補助ブレーキが取り付けでき、教習車のようになります。(AT限定)

 当社独自開発で特許取得し製品化を実現しました!

 取り外しも1分で傷やあとも残りません。

マイカー以外でもレンタカーや家族の車など借りた車にも取付け可能です。

 

 教習所が近くにない出張地域外やペーパードライバー教習終了の方からのご要望も多く製品化しました。

 当社ペーパー教習卒業生にはお馴染みの実績の中から生まれた画期的製品、「ブレーキヘルパー」です。

ペーパードライバーの方や教習所に全国発送致します。(代金引換手数料:無料キャンペーン中)

 

 

■ 「マイカーで練習して、早くペーパードライバーを卒業したい!」―できます!

 

やっぱりマイカーで練習したいですよね。

ペーパードライバー教習所に通うのは大変だけど、一人で練習は怖いし危ない。

 

奥さんはペーパードライバーだけどご主人は運転できるみたいなケースにぴったり。

ご主人や家族に助手席からヘルプしてもらえば心強くなり練習する勇気も出ます。

取り外しも簡単、持ち運びも楽なためレンタカーや実家の車などを使っての練習もできます。

マイカーに補助ブレーキを常設したままでも他の運転者が支障なく運転できます。

ペーパードライバー教習以外に仮免許の練習にも最適、安全が増し安心感がでます。

 

当社でのマイカー教習は全てこの簡易補助ブレーキを使って教習してます。

何回もの改良を経て使いやすさや確実性を高めた実践の中から生まれた優れものです。

特殊な知識も操作も要らないシンプルな作りですが、シンプルこそ使いやすく確実なのです。

細かい所まで気を使って考え尽くされた無駄のない構造なんです。

 

教習所が近くにない、通えない、時間がないなどの理由で諦めているペーパードライバーの

方々に補助ブレーキ付で運転の楽しさを知ってもらえば幸いです。

身近の方の協力となら日時や時間も都合に合わせやすくなります。

諦めないでペーパードライバーにサヨナラしましょう!

 

■ 補助ブレーキの使い方

 

本体(ペダルプレート板)をブレーキペダルに付属のベルトでしっかり止める。

ステッキのグリップをシフトレバーの邪魔にならない所にくる様に長さなどを調整し、

右手でグリップを握り真っすぐ押し込むように押すとブレーキがかかります。

放せばブレーキ本来のバネにより解除されます。

ステッキが物や車のシートに挟まりブレーキペダルが戻らなくならない様に注意して下さい。

ブレーキがかかったままで走行する可能性があります。

 広い交通の邪魔にならない場所でブレーキの効き具合を確かめてからお使い下さい。

■ 組み立て方法

 

【STEP1】

ステッキをゆっくり伸ばし、結合部をしっかりはめて固定する。

 【STEP2】

ペダルプレート板に付いている棒にステッキを差し込み、ステッキ先端部内部にあるピンを棒のスレッド孔に

入れるため、切り込みに合わせてステッキを回してピンをはめる。ピンがスレット无をスライドするのを

確かめる。このピンはステッキが使用中に抜けない為のストッパーの役割です。

ステッキを外す時は、反対の要領で外します。

■ 取り付け方法

 

プレートに付いている2本のベルトでブレーキペダルにしっかり固定する。

 止める幅はペダルに合うように左右にスライドして合わせる。

ブレーキペダルを結束する様な感じで強く引っ張りながらテープを止める。

プレートを手で動かし遊びが無いかを見て、動かないのを確認する。

ベルトを締めて余った部分が出る時は、ハサミで切って下さい。

■ 補助ブレーキでのスピードコントロールが事故を防ぐ

 

現在交通事故死者数は減少してますが、傷者は毎年100万人越えています。

物損事故は年間約500万件で交通事故は他人事ではありません。

ペーパードライバーの再練習なしの事故率は小さな物損も入れると80%にもなります。

 運転はハンドルコントロールよりもスピードコントロールが事故を防ぐという事を知る為に

この補助ブレーキが役に立つと思っています。

助手席に乗られ補助される人の為に、教習と運転のコツをプリントしてブレーキヘルパーに同封します。

 

全国の公認や個人の教習所からもご注文頂き好評を得ています。

自動車教習所からのご注文も歓迎いたします。

また、身障者用自動車の免許取得や練習にも使えます。(ブレーキペダルを外さないなどに限ります)

死傷者が一人でも減る事に貢献できればと思ってますので同業者は避ける発想は持っておりません。

■ 使用に際してのご注意

 

手で押しますが、思ってる以上にブレーキの効きが良いので強く押し過ぎない様に注意して下さい。

また、右手での操作の為、ある程度運転経験のある方でないと慣れるまで練習が必要です。

AT車専用で、MT車 左ハンドル車には使えません。

その他ごく一部に装着し難い車種があります。例:ハンドル支柱をまたいで運転する車(ハイエース等)

上の車内装着図をご覧になり、ステッキが装着できるかを確かめてからご購入下さい。

 

■ 責任に関して

 

万が一自動車事故及び物的損害が発生した場合でも当社は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

補助ブレーキの設置は認められていますが、事故に関しては運転者責任です。

!!警!!

  1. 取り付け方法が間違っていたり、取り付けベルトの締め付けがゆるかったりすると使用中にペダルプレー ト版が外れて運転者がブレーキを踏む際に邪魔になる可能性があります。
  2. 万が一、プレート版が外れた時は 速やかに取り除き運転操作の邪魔にならない様にして下さい。
  3. 補助ブレーキはあくまで補助であり、安全を確実にするものではありません。
  4. 運転中はお子様が触らない様に注意して下さい。

 

!!注!!

  1. 転責任は全て運転者にありますので万が一事故等が発生した場合も全て運転者の責任になります。
  2. 過大な力をかけるとステッキ、ペダルプレート共に曲がったり破損します。

■ 助手席に乗られる方へのアドバイス

 

ペーパードライバーの方や運転初心者の方は、恐怖心を持っています。

運転技術を教える事より、恐怖心をなくす事を心掛けて下さい。

 

殆どの方は、ブレーキとアクセルの踏み方が上手に出来ません。

踏むか離すかのどちらかになり、途中で止めて保持する事を教えてあげて下さい。

ブレーキをゆっくり踏み込んでいき減速しだしたらそれ以上踏み込まないで保持する感覚を

実践で覚えてもらうのです。

目線が近すぎて遠くの状況を把握できてないのでブレーキを踏む時期が遅れます。

踏み始める時期が遅くれる事に恐怖心も加わり、近くにきてから慌てて強く踏みます。

ブレーキは「車を止めるもの」でなく、「スピードを減速するもの」の意識がいいです。

車を止めたい場所(信号や停車中の車など)を早く見つけ、ブレーキを軽く踏み込んで減速しだしたら

それ以上踏み込まないで、そのまま我慢していればどんどん減速していく事を知って欲しいのです。

踏み加減が軽過ぎた時に、補助ブレーキで助けてあげて下さい。

どのくらいの位置からどのくらい踏み込めば思った所で止まるが分かると恐怖心は無くなります。

減速が出来る様になると、考える時間ができるから心に余裕もでき、周りの状況も見れる様になります。

ペーパードライバーは周りの方が思っている以上に緊張と頭の中が目一杯なのです。

アクセルを踏むのも加速か減速かでスピードに安定がありません。

ブレーキの踏み加減を覚えると、アクセルのふみ加減も分かる様になりスピードも安定します。

 

もう一つは、ハンドル操作が大き過ぎます。

殆どの事故はハンドルを切った時に起きてます。

車線変更の時に、早く移らなければの思いが働き、急ハンドルになってます。

運転で一番危ない行為は、急ハンドルと急ブレーキです。

車線変更は周りの流れに合わせる事が大事です。

スピードをコントロールできるようになれば、車線変更も出来るようになります。

 

車庫入れ、小道と色々な課題がありますが、まず最初にブレーキ操作を教えて下さい。

踏み加減を教えるには、弱過ぎの感覚も知る必要があります。

弱過ぎるなと思っても直ぐ補助ブレーキを使わず少し我慢して下さい。

教えるには忍耐と我慢が多少必要です。

 

 練習は小道や路地より大通りの方が安全です。

なぜなら、人身事故は路地の方が圧倒的に多いからです。

ペーパードライバーの多くは大通りが怖く路地で練習します。

人身事故を起こさない事を何よりも優先し、スピードコントロールを覚えてから

路地の練習をするのがいいと思います。

安全で楽しい運転が出来るようになる事を願っております。

 

 

 

■ 特定商取引法律表記

販売事業者:バハエンタープライズ有限会社

ショップ名:BAJA

所 在 地:〒140-0002 東京都品川区東品川2-5-6-1908

電   話:TEL 03-6753-4069

E-mail:mado@baja-air.com

運営責任者:遠藤満夫

 

■ プライバシーポリシー

お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。

 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

 

■ ご注文の方法について

ご注文フォームからお申込頂くと、お支払い方法選択項目がありますので、

ご希望の方法をチェックして下さい。

お申込完了後に入力したメールアドレス宛にお申込確認のメールが自動返信で送られます。

Hotmai等フリーアドレスの場合は自動返信メールは届かない事があります。

もし確認メールが届かない場合は「確認メールが来ない」とmado@baja-air.comまでご連絡下さい。

 

■ お支払方法及び総支払額について

【クレジットカード決済 29,800円(税込 32,184円)+送料700円or1,000円】

 クレジットカードでのお支払いはpaypal決済お願いします。

 

【商品代引(受取時支払い) 29,800円(税込 32,184円)+代引き手数料+送料700円or1,000円】

 商品受け取りの際に、お支払い料金を配達ドライバーに直接お支払い下さい。

(お届け先とご請求先は必ず同じでお願いします。)

 

【代金後払い29,800円(税込 32,184円)+請求書発行手数料200円+送料700円or1,000円】

『クロネコ代金後払いサービス』の詳細

ご注文商品の配達完了を基にヤマトクレジットファイナンス株式会社から購入者様へ請求書をお届けいたします。請求書の記載事項に従って発行日から14日以内にお支払い下さい。主要なコンビニエンスストア・郵便局のいずれでもお支払いできます。

(ご注意)

代金後払いのご注文には、ヤマトクレジットファイナンス株式会社の提供するクロネコ代金後払いサービス規約が適用され、サービスの範囲内で個人情報を提供し、立替払い契約を行います。ご利用限度額は累計残高で50,000円(税込)迄です。詳細はクロネコ代金後払いサービスをクリックしてご確認ください。

【業者】ヤマト運輸

 

【銀行振込(前払い) 商品代金29,800円(税込 32,184円)+送料700円or1,000円】

 銀行振込は前払いにてお願いします。

※(振込手数料はお客様負担でお願いします。)

口座番号はご注文された方にメールでお知らせしてます。

配送スケジュールを確認後にお振込みして頂く為です。

 

■ 送料、お届けについて

銀行振込はご入金確認後、クレジットカードは決済確認後、代金引換・代金後払いは受注後、共に3日以内(土日祭日除く)に商品を発送します。

代引き手数料はキャンペーン中無料です。

北海道 沖縄 1,000円 それ以外は一律 700円。

商品の在庫がなくなりましたらHP上でお知らせし、ご注文受付を一時中止します。

万が一、ご注文を受けてから在庫切れの場合はメール等でお知らせしますので、

キャンセルか生産をお待ち頂くかをご連絡下さい。受注生産の場合はお届けに最大2ヶ月かかります。

 

■ 返品の取扱及び返品期限

お届け後7日以内までにご連絡ください。使用後の返品はできません。

お客様のご事情による返品の送料はお客様負担となります。

 

■ 不良品の取扱

品質には万全を期しておりますが万一、不良品のあった場合は、

ご連絡の上送料着払いで弊社までご返送下さい。良品を再度お届けすることにより対応させていただきます。

 

■ 特記事項

お客様と弊社との間で訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的な管轄裁判所とします。

実績の中から生まれた画期的製品

補助ブレーキ「ブレーキヘルパー」

価格 29,800円(税込 32,184円)

 

 

 

 

 

※お支払い・返品等については特定商取引法律表記をご覧下さい。

※マニュアル車、左ハンドル車には使えません。(AT車専用)

 

 付属品:押込み用折畳みステッキ1本、使用説明書

 本体収納時寸法:10x140x60 mm(ステンレス製)

ご質問等はお問い合わせフォームにてお問い合わせ下さい。心よりお待ちしております。

Copyright (C) 2016 CMSS BAJA. All Rights Reserved.